アートは表現すること。

絵は観るだけ?誰でも描けるのに、上手な人しか描いてはいけないの?

お気に入りの絵や写真を飾ることと、きれいな花を飾ることは、美を楽しむことで、同じ。

アートは、特別な人だけがすることではなく、美しさやおもしろいことを表現したい人なら、誰でもできる楽しい行為。

たとえば、竹を切ってアート作品を作ること、景色を写真に撮ることも、アートな行為なのです。

 

長久手市地域ブランディング戦略『アートする』は、市民レベルで日常生活を楽しくする運動です。

日々の暮らしの、ちょっとした美的活動・創作活動も、『アートする』と呼ぶことで、暮らしを豊かにするちょっとした魔法になります。

「長久手には、まちのいろんなところでアート作品を創るひとがいますね」と、もし長久手を訪れた人に言われたら、とても楽しい気持ちになりませんか?

 

 

さあ、あなたも、一緒に『アートする』を実行してみましょう!

 

そのためのきっかけとして、まずは、平成30年9月29日(土)~11月28日(水)までの2か月間、2つのキャンペーンを開催します。ぜひご参加ください!